薬学及びバイオテク研究室のための熟考されたツール

今日の薬学研究室のチャレンジ

将来増える高齢者の治療と手当てを開発することは、対象のスクリーニングから薬物の開発や規制許可まで、大変な仕事と新しい思考を必要とします。ソリューションを成長させるアイディアを解決策に発展させるには決意と情熱、そして優れたツールが必要です。エッペンドルフのラボ用品は70年もの間、常に最も繊細で最良でした。

薬物標的の同定

グローバルタンパク質プロファイリング、タンパク質-タンパク質相互作用プロファイリングあるいはその他のソースからでも、注意深く標的を選択することは、副作用を回避し、効き目をよくし、そして薬物候補のアクションモードを理解するための最初の一歩です。化学的類似体を生成し、新薬物候補の結合親和性をしばしばマイクロモルレベルからナノモルレベルまで最適化し、化合物クラスターを選ぶ、すべてのこういった手段は薬品候補の開発を次のステージに進めるために行われなければならないことです。

ワークフロー

プロモーション