シェイカー 分子生物学的ベンチトップソリューション

Recommended shaker configuration for plasmid construction and expression in bacteria.

標的抗原を設計・製造するためには、分子生物学的に大掛かりな作業を繰り返す必要があります。これには、目的の遺伝子を発現ベクター(通常はプラスミド)に導入し、増幅することが含まれます。私たちは、形質転換したバクテリアの前培養と本培養のためにこのソリューションを構成しましたが、これには小型チューブから大型の三角フラスコまで、さまざまな容器フォーマットを使用する必要があります。

ハイライト

  • スペースの節約
  • 小~中規模の処理に対応:小型チューブまたは最大3Lのフラスコ
  • 常に視覚的コントロールでき、混乱を最小限に抑え、迅速なサンプリングが可能:透明トップオープンフード

ラボの省スペース化

  • コンパクトな卓上型デザインにより、設置面積に対する容量の割合を最適化
  • 24時間365日、信頼性の高いオペレーションをサポート:実証済みのトリプルエキセントリックカウンターバランスドライブ

容器の柔軟性

  • 小さなチューブフラスコから3Lの容量まで対応可能

視覚的なサンプルコントロールと容易なアクセス

  • 透明な蓋は視認性に優れ、サンプルへのアクセスを容易にし、邪魔にならずに持ち上げることができます。

Innova® 40R

(冷蔵、25mmオービット)

Recommended accessories:

+ ユニバーサルプラットフォーム

+ 試験管ラック(15~18 mm Ø)

+ クランプ:3 ×250 mL

+ 500mL×3本 + 1L×3本


個別サポート/専門家の依頼

当社の専門家がお客様のご質問にお答えし、お客様のmAbワークフローに最適な装置を見つけるお手伝いをいたします。個別相談をご利用ください。

お問い合わせください