緩衝液と試薬液

緩衝液や試薬を調製するために設計されています。

緩衝液や試薬の調製は、あらゆるワークフローのほぼすべての実験ステップで必要です。また、すべての液体が同じというわけではありません。この溶液があれば、様々な特徴を持つ液体を様々な容量で移送する準備が整います。s.

ハイライト

  • 難易度の高い液体を簡単に取り扱うことができる
  • 少量処理から中量処理までの基本または高度なソリューション

効率性

  • 容量の柔軟性 – 0.1 µLから最大100 mL(モデルによる)まで、個々の緩衝液や試薬の準備に合わせてさまざまな容量オプションを選択できます。

Reproducibility

  • 難易度の高い液体への対応 – 水以外の液体にピペットを簡単に調整でき、数秒でメーカー調整に戻すことができます(Research® plus)。また、適切なチップを装着したポジティブディスプレイスメント方式のディスペンサーを使用すれば、難しい液体の移送も簡単に行えます(Multipette® E3x with Combitips® advanced)。

We recommend

 

Basic Solution

Easypet® 3

+ Eppendorf Research® plus

Advanced Solution

Easypet® 3

+ Multipette® E3x


Recommended Tips

For Easypet 3

Eppendorf Serological Pipets

Sterile

Shop now

For Eppendorf Research Plus

epDualfilter T.I.P.S.® SealMax

PCR clean and sterile

Shop now

 

For Multipette E3x

Highest purity requirements
No Yes

Combitips® advanced PCR clean
For example preparation of DNA- and RNA-related analysis (e.g. PCR or Kit-based reagent preparation)

Shop now

Combitips® advanced Biopur
For example preparation of cell or bacteria media, with important enzymes and target cells involved

Shop now

Request your individual support

Your own dedicated expert assists you in finding the perfect match for your specific mAb workflow. Get your individual consultation!
 

Contact me