分子生物学的ソリューション

プラスミド構築、バクテリアや細胞株での発現、ライセートの清澄化、抗原の濃縮、FACS/Flow Cytometry、シークエンスの準備、ヒト化など、さまざまな分子生物学的手法に対応するように設計されています。

モノクローナル抗体の創薬プロセスは、基本的な分子生物学的手法によって形成されています。DNAまたはRNAの増幅、その精製、消化、クローニングは、標的抗原の生成、ヒット化合物の特性評価、リード化合物の選択に不可欠です。このソリューションは、多様な分子生物学的手法を実行するために、さまざまな種類の容器でさまざまな量の液体を簡単かつ迅速に処理できるように調整されています。先端の間隔を調整できるマルチチャンネルピペットは、ピペッティングにかかる時間を大幅に短縮し、サンプルの安全性を高めることができます。

ハイライト

  • 異なる容器間で複数のサンプルを同時にピペッティングすることで、素早く、簡単に、そして安全にフォーマットを変更することができます。
  • 電子ピペットによる実験のスピードアップ
  • 低~中規模の処理に対応する基本ソリューションと高度なソリューション

効率性

  • 容量の柔軟性 – 0.1 µLから1200 µL(モデルにより異なる)まで、個々のピペッティングプロトコルに合わせてさまざまな容量オプションを選択できます。
  • より高い処理量 – 電子ピペット(Xplorer® plus、Xplorer® plus Move It®)を使用することで、作業ステップをスピードアップし、吸引や分注のスピードと容量をコントロールすることができます。
  • 迅速で簡単なフォーマット変更 – チップ間隔調整可能なピペットMove It®のチップ距離を簡単に変更することで、ベッセルタイプやフォーマットを素早く変更することができます。異なるフォーマット間で複数のサンプルを同時に分注し、分注時間を最大70%短縮します。

サンプルの安全性

  • 汚染防止 – 異なるベッセルフォーマット間でのサンプルの移動は、サンプルの相互汚染の原因となるため、チップスペーシング調整機能付きピペットMove It®を使用することで、移動ステップ数を最小限に抑え、サンプルの安全性を高めることができます。

再現性

  • 難易度の高い液体の取り扱い – 水とは異なる粘性、揮発性、表面張力、密度を持つ液体をピペッティングする際に、ピペッティング結果の精度と再現性を維持します。難易度の高い液体に対しても、ピペットを簡単に調整でき、数秒で元に戻すことができます。電子ピペット(Xplorer® plus、Xplorer® plus Move It®)を使って、吸引や分注スピードを簡単に調整することができます。
  • 個人誤差やユーザー間のばらつきの低減 – 独自のプログラミングオプションを備えた電子式Xplorer® plusピペットは、大量処理で均一かつ集中的なピペッティングを実現します。

We recommend

 
Basic Solution

Eppendorf Research® plus

+ Eppendorf Research® plus Move It®

Advanced Solution

Eppendorf Xplorer® plus

+ Eppendorf Xplorer® plus Move It®


Recommended Tips

Research Plus, Xplorer plus, Research Plus Move It, Xplorer plus Move It

Time-consuming and cost-intensive sample preparation
No Yes

epDualfilter T.I.P.S.® SealMax
PCR clean and sterile

Shop now

epDualfilter T.I.P.S.® SealMax
PCR clean and sterile

Shop now

 


Request your individual support

Your own dedicated expert assists you in finding the perfect match for your specific mAb workflow. Get your individual consultation!
 

Contact me