Image source: Westend61/Getty Images

Sustainability at Eppendorf

人と環境への取り組み

エッペンドルフは、持続可能な発展を実現するため、企業活動において利益だけでなく、環境や社会という側面も考慮し、これら3つの側面の調和を図っています。

サステナビリティは、エッペンドルフの不可欠な要素:

私たちの製品はこれまで以上に持続可能なものとなり、世界中で最適な研究が行われるようになっています。私たちは、環境保護に継続的に取り組んでおり、企業として従業員に対し重大な責任を負っていることを自覚しています。社会に対する当社の取り組みは、さまざまな形で現れ、当社の中核事業と密接に結びついています。

法規制の遵守を超えるエッペンドルフのコンプライアンス:

エッペンドルフは、自らにさらなる高い基準を課し、実際にその基準を上回っています。また、サプライヤーやサービスプロバイダーに対しても、法的要件を上回る基準を求め、グローバルに適用しています。

今日と明日の住みよい世界のために

エッペンドルフグループは、「人間の生活環境をより良いものする」という使命のもと、人間性を尊重し、地球上の全ての地域で安全に事業活動を行えるよう積極的な変革を求められています。私たちは、気候中立の概念に合わせ、天然資源の使用を最小限に抑え、価値創造を通じて人類のより良い生活の向上を目指します。詳しくはこちらをご覧ください。

Ergonomics

PhysioCare Concept®がどのようにしてラボでの作業環境を改善しているかはこちらをご覧ください。

Corporate Citizenship

エッペンドルフと従業員による社会貢献活動をご紹介します。

Commitments

エッペンドルフがどのように環境や社会への負荷を低減しているかをご紹介します。

Business Practices

エッペンドルフが自身や協力会社に求めていることをご覧ください。

Products

製品のライフサイクルの中での改善点をご覧ください。

Articles

未解決の問題について、その回答をご覧いただけます。

»エッペンドルフは、顧客志向のプロセス、革新的なテクノロジー、そして人間の生活環境をより良いものにするプレミアムな製品とサービスの同義語であるべきだ«

1970年、エッペンドルフの創業者であるNetheler博士とHinz博士は、このように会社の使命に言及しています。この使命は、それ以来、私たちエッペンドルフのモチベーションとインスピレーションの源となっています。中堅企業であるエッペンドルフは、これまでも、そしてこれからも、すべての人間に対する責任を強く意識しています。だからこそ私たちは、従業員や顧客の個性や異質性、そして文化や世界観、個人の経歴の多様性を歓迎しています。私たちは日々、市場での効率性を向上させるための新たな可能性と機会を発見し、相互の尊敬と尊重を高めています。

サステナビリティには、環境、社会、経済の3つの側面があります。環境分野は、既に一般的に最も知られているサステナビリティの側面です。エッペンドルフは、原材料の使用量やエネルギー消費量を常に削減することで、環境への負荷を軽減し、ビジネスオペレーションや生産する製品の環境への影響を最適化するよう努めています。環境的側面は、エッペンドルフ内で社会的、経済的側面と結びついていますが、私たちの製品を使用するステークホルダーも同様です。これらの課題は、どれもすぐに、あるいは簡単に解決できるものではありません。しかし、これらの課題はすべて、私たちがお互いに耳を傾け、協力し合うことが必要です。私たちは、環境と私たち全員の未来を大切にすることに集中しなければなりません。私たちは、その道がどこにつながっているかを知っています。私たちは、共に貢献し、CO2排出量を削減することを目指します。

The Challenge

ラボの環境には特別な事情があります。つまり、科学者の安全確保とサンプルの安全性を両立させることで、はじめて持続可能な進歩が実現されます。チューブやチップなどの消耗品は、サンプルの純度とリスクのために研究室では必須です。このため、科学者は膨大な量のプラスチック廃棄物を排出していますが、今日まで適切な方法でリサイクルすることができませんでした。アイデアや有望な研究プロジェクトはありますが、信頼できる強固なリサイクル方法は今のところありません。遠心機は1日に数分から数時間しか稼働しないため、1日24時間稼働する機器(フリーザー、バイオセーフティーキャビネット、インキュベーターなど)に比べて電力消費量が少なくなります。

とはいえ、新しい革新的な技術を応用すれば、あらゆる実験機器の消費電力を最適化することができます。すでにある低い消費電力レベルでの改善であっても、環境にはメリットがあります。私たちは、進歩のためのあらゆる機会を追求しなければなりません。サンプルの安全性について妥協はありません。つまり、サンプルの厳格な温度条件にはこだわります。例えば、お客様が高感度のタンパク質サンプルを、設定温度を4℃にして使用する場合、お客様には精確な温度精度を求める権利があります。温度精度は再現性やデータの信頼性に直結します。

 

 

 

New Product Development

エッペンドルフは新製品の開発において、エネルギー消費量の削減に焦点を当てることを決定しました。これは、エッペンドルフの生産プロセスにおいても、ラボレベルでの日常的な使用においても同様です。

この作業に終わりはなく、継続的な旅です。だからこそ、エッペンドルフでは、環境に配慮した製品に関して、まったく新しい技術に焦点を当て始めたのです。私たちは皆、変化しなければなりません。新しい技術を採り入れ、私たちが従来持っている環境保全という言葉の概念とのギャップを埋めなければなりません。

"サステナビリティは、私たちにとって身近な問題であり、責任ある企業として私たち自身の理解の問題でもあります。"

Eva van Pelt
Co-CEO and Chief Commercial Officer