text.skipToContent text.skipToNavigation
結果がありません
検索の提案

幹細胞培養 - 成功か失敗か/お客様のMSC、PSCに最適なソリューションとは

events

  • Trade Fairs

基礎研究、疾患モデル、創薬、再生医療など、幅広いアプリケーションにおいて、幹細胞は重要なツールです。

基礎研究、疾患モデル、創薬、再生医療など、幅広いアプリケーションにおいて、幹細胞は重要なツールです。幹細胞培養は非常に繊細で、わずかな影響にも反応するため、実験データの信頼性と再現性を維持するには、安定した培養条件が非常に重要です。この教育ウェビナーでは、インキュベーターやバイオリアクターでの増殖中に、間葉系幹細胞や多能性幹細胞の生存性と増殖に影響を及ぼす可能性があるさまざまな培養パラメーターを見ていきます。

幹細胞の品質評価方法を一緒に学びましょう。


日時:


2022年6月9日(木)、中央ヨーロッパ夏時間午後4時


講演者


Dr. Jessica Wagener、セルハンドリングのアプリケーションスペシャリスト


Dr. Jessica Wagenerは、ドイツのハンブルクにあるEppendorf本社で、セルハンドリングを担当するアプリケーションスペシャリストです。2006年から大学院生として細胞培養実験室に所属していた彼女は、5 年以上の細胞培養の経験を積んで、Eppendorfに入社しました。マールブルク大学とデュッセルドルフ大学で生物学を学んだ後、卒業論文のテーマとして、さまざまな細胞系のアポトーシス機構を研究しました。助手として1 年間、一次細胞を研究した後、エッセン大学医学部の博士課程で生殖生物学を専攻しました。生物学の博士号を取得したすぐ後の2012年4月に、Eppendorfに入社しています。

Dr. Philipp Nold、Eppendorfバイオプロセスセンター、幹細胞のインフィールドアプリケーションスペシャリスト

Dr. Philipp Noldは、ドイツのルール大学ボーフムで生物学を学び、マールブルク大学で生物学の博士号を取得しました。マイクロバイオリアクターでの造血幹細胞ニッチの構築に関する彼の卒業論文は、幹細胞生物学と培養に関する彼の知識の基礎となりました。ギーセンとマールブルクの大学病院の博士課程に在学中、標準化されたGMPに適合する方法で、バイオリアクターにおける間葉系幹細胞の培養に成功しました。彼の研究に基づいて、これらの細胞を治療薬として使用する製造許可が申請され、受理されました。2017年12月、Dr. Noldは、幹細胞のインフィールドアプリケーションスペシャリストとして、Eppendorfのバイオプロセスセンターに加わりました。幹細胞バイオプロセスとアプリケーションに関する専門知識で、世界中の同僚やお客様をサポートしています。

講演者