Clear Evidence
Clear Evidence

Premium Solutions for Forensic Science Applications

 

法医学サンプル調製の技巧

難しいサンプル

法医学サンプル調製ではしばしば化学的処理が最も難しい標本を扱います。サンプルは質と量に限度があるのが典型的で、環境に影響されます。また、PCR抑制添加物を含んだ難しい基質を浄化することが必要なこともあります。難しいサンプルから正確な結果を得ることは法医学サンプル調製において日々多く行われているチャレンジの一つです。法医学科学者は処理量の需要と限定資源が増える中で重大な規制条件にも直面しています。

適正な消耗品を使うことはどのように役に立つのでしょうか?

DNA汚染物質のほんの小さな痕跡でも間違った結果につながります。法医学サンプル調製中の汚染を避けることはコンタミネーションフリーの試薬やチューブやピペットチップなどの消耗品を使うことと同じ位重要です。ワークフローで著しく使われる用具の認定を含めた継続的な品質管理は結果の確実性に貢献します。

プロモーション