実験室のエルゴノミクス

実験室での人間の包括的な姿

今日の実験室でのワークフローは、これまでに経験したことがないほど密度が濃くなり、実験室での作業によるストレスは増大する一方であり、実験装置および作業環境全体のエルゴノミクス化が、ますます重要になっています。人間工学的に工夫された製品を使用して作業したいと考えるユーザーが大幅に増えているのは、このような傾向がその一因です。エルゴノミクスとは、「人間工学的に設計された椅子」のレベルをはるかに超えたものです。エッペンドルフでは、1970年代の初頭にはすでに、エルゴノミクスによる実験器具の最適化を開始していました。2003年には、ピペットなどの液体操作用器具を対象としたPhysioCareコンセプトを開始しています。
エッペンドルフのPhysioCareコンセプトは拡張され、今日では、さまざまな実験室用製品が含まれるようになっています。このコンセプトは、実験室でのワークフローと安全保健衛生との調和を図るための総合的なソリューションとして開発された3領域が基本になっています。

PhysioCareコンセプトを具現化した理想的なエッペンドルフ製品を使用することにより、ユーザーは総合的なアプローチを手中にすることができます。製品そのもののエルゴノミックデザイン(スムーズな形状、軽量、軽い操作力、直観的に使用できるユーザーインターフェイスなど)から、エルゴノミックな作業スペースや、実験室内における最適のワークフローのサポートにいたるまでを。