Eppendorf PhysioCare Concept® – ピペット

エッペンドルフは、微量システムの考案者であり、ごく微量の液体の手動または自動による正確なピペッティング/分注および移送に関して、50年を超える経験を積み重ねてきました。エッペンドルフの品質管理(精度と確度の指針など)によって定義されている基準は、前記作業の結果を得るのに必要な基準を明確に超越し、その保証付きの再現性は、お客さまの大きな信頼を得ています。


実験室の馬車馬

さまざまな容量範囲の手動式および電子式のピペットは、実験室内での日常作業に最もよく使用される器具です。ピペットのエルゴノミックデザインと、そのエルゴノミックな使用が、実験室の生産性に大きな影響を与えますから、ピペットの選択には十分に注意を払う必要があります。


カラーコード付きピペット

ピペットのカラーコードは標準化されているため、必要なピペットとその容量範囲を簡単に識別することができます。チップボックスにも同じカラーコードが使用されています。


チップボックスのカラーコード

チップボックスのカラーコードは標準化されているため、必要なチップ容量を簡単に識別することができます。ピペットにも同じカラーコードが使用されています。


スプリング式ノーズコーン

ノーズコーン内に組み込まれたスプリングによって、チップの取り付けに要する力が大幅に削減されています。


ハンドグリップ

ピペットのハンドグリップが使用者の手に馴染む必要があります。ピペットのこの部分のエルゴノミックデザインは、ストレスを感じずに長時間の作業を行うのに不可欠です。


ピペットの重量

ピペットは一日に数時間使用することが多いため、指や腕の筋肉に負担をかけないように、軽量であることが特に重要です。


操作に必要な力

非常に小さな力でコントロールボタンを操作することができ、指の負担をなくしています。


容量表示

簡単に容量を識別できる拡大鏡付き4桁ディスプレイ


調整/較正サイン

ピペットの較正/調整状態を明確に識別でき、信頼性の高い結果が得られます。