Events

Local Events

エッペンドルフでは、マイクロピペットをお使いのユーザー様を対象としまして、「Eppendorf ピペットセミナー」を定期開催しています。
エッペンドルフのショールームにて、各種ピペットを実際に触りながら高い精度を得るためのピペッティングのヒントとコツを学んでいただけます。
2017年度のスケジュールを公開しました。皆様のご参加をお待ちしています!

詳しくはコチラ

エッペンドルフ アプリではepPointsコードを手作業で入力すること、または、記載のQRコードをスキャンすることが可能です。ボタンを押すとあなたのモバイル器機のカメラが開き、QRコードをスキャンすることができます。この方法は速くて簡単に繰り返せるので、収集作業が楽になります。

さあ今すぐお試しください!! 

詳細はこちらをご覧ください。

アプリのダウンロードは次のリンクでできます: www.eppendorf.com/app

エッペンドルフは、「第17回日本蛋白質科学会年会」附設展示会に出展いたします。
サンプルの吸着や不純物の溶出が抑えられる高品質なマイクロチューブ・プレートや、コンパクトな卓上型ながら48本のマイクロチューブを遠心できる冷却遠心機などを展示いたします。
参加される方は弊社ブース(小間番号20)に是非お立ち寄りください。
年会公式サイト

エッペンドルフは、「日本ゲノム編集学会第2回大会」附設展示会に出展いたします。
マイクロマニピュレーションシステムを展示いたします。近日発売予定のマイクロインジェクター「CellTram 4r」も、いち早く披露いたします。
参加される方は弊社ブースに是非お立ち寄りください。
大会公式サイト

エッペンドルフは、「BIOtech 2017」に出展いたします。
滅菌性と作業効率を飛躍的に向上することのできるシングルユースベッセルBioBLUや、ベンチスケール/パイロットスケールの三次元培養を一台でカバーできる卓上培養装置BioFlo 320など、バイオ医薬品研究開発に欠かすことのできない細胞培養関連製品を中心に出展します。
参加される方は弊社ブース(小間番号W21-22)に是非お立ち寄りください。
展示会公式サイト

また、ブース内セミナーを以下の3テーマで開催いたします。
(A) CO2インキュベーター&バイオリアクター - エッペンドルフの培養装置
(B) 細胞培養:消耗品の選択によって培養環境や細胞の解析の改善は可能?
(C) より上手くなるためのピペッティング講座
詳しくはこちらをご覧下さい。

エッペンドルフは、「第40回日本神経科学会大会」附設展示会に出展いたします。
セルイメージング用の消耗品や、顕微鏡下で細胞を操作するマイクロマニピュレーションシステムを展示いたします。
7月発売予定のマニュアルマイクロインジェクターの新製品もご欄頂けます。
参加される方は弊社ブース(小間番号21)に是非お立ち寄りください。
大会公式サイト

エッペンドルフは、「第30回日本動物細胞工学会2017年度大会」附設展示会に出展いたします。
コンタミネーションリスクの低減、庫内空間の最大限な活用、ランニングコストの極小化を可能にするCO2インキュベーターや、細胞培養用消耗品などを展示いたします。
参加される方は弊社ブース(小間番号15・16)に是非お立ち寄りください。
大会公式サイト

エッペンドルフは、「JASIS 2017」に出展いたします。
卓上冷却遠心機やサーマルサイクラーの新製品の他、自動分注システムなど様々な製品を展示いたします。
また、「ピペットコンシェルジュコーナー」をブース内に設けます。ピペッティングの精度を上げたい、自分でメンテナンスできるようになりたい…液体のハンドリングに関するお悩みがありましたら、何でもお気軽にご相談ください!
参加される方は弊社ブース(ブースNo. 8A-406)に是非お立ち寄りください。招待券をお持ちでない方は弊社までご請求ください。
展示会公式サイト

また、ブース内ミニセミナーを開催します。以下の6演題を予定しています。
> 質量分析におけるプラスチック消耗品の影響
> 有機溶媒・粘性溶液のピペッティング方法
> 連続分注器による作業効率の向上
> 新製品サーマルサイクラーMastercycler X50
> 細胞培養を変える"Eppendorf Cell Culture Plate"
> 幅広いニーズに答える自動分注システム
パンフレットPDFはこちら

エッペンドルフは、「第69回日本生物工学会大会」附設展示会に出展いたします。
微生物の大量培養に最適な卓上ジャーファーメンターやインキュベーターシェーカーなどを展示いたします。
参加される方は弊社ブース(小間番号1・2)に是非お立ち寄りください。
大会公式サイト

また、ランチョンセミナーを13日(水)11:45より開催いたします。
演題:「ここまで進んだ培養装置:インキュベーターシェーカーとジャーファーメンター」
インキュベーターシェーカーとジャーファーメンター、菌体培養装置を題材にそれらの特長と、使用するにあたってのメリットをご紹介します。
パンフレットPDFはこちら。ランチョンセミナー公式サイトはこちら
多くの方々のご来場をお待ちしております。

エッペンドルフは、「第76回日本癌学会学術総会」付設展示会に出展いたします。
セルイメージング用の消耗品や、顕微鏡下で細胞を操作するマイクロマニピュレーションシステムを展示いたします。新製品のサーマルサイクラーや96チャンネルのセミオートピペッティングシステムも出展予定です。
参加される方は弊社ブース(小間番号61)に是非お立ち寄りください。
総会公式サイト

International Events

You'll find a current overview of our worldwide trade show participation on our Corporate Website.

International Events